2018年5月22日火曜日

レシート捨てた

空っぽな毎日を踏んでいる
なんか 踏まされている という表現がしっくりくる
もっと やりたいことがある 時間は作るものだ と
よく言われていたけども どう作っても 作っても
別の作業にその時間は奪われていってしまう

その間に アイデア はナマモノ なので 旬じゃなくなってしまう
ナマモノではない作業をしている間に
ナマモノは傷んでいって 腐っていってしまう

SOS に気付かれなくて助けが来ないことと
SOSに気付いてもらったのに助けが来ないのでは
圧倒的に後者の方がチームとして大問題なのだと思う

自分のために みんなのために とおもってやることも
「ありがとう」の一言があればどんなに救われることか

「ありがとう」のひとことがないことが
どんなに空しいことか

空っぽな毎日 と言っても 毎日がやることがたくさんあって
常にあれやこれやで追われている

私が言いたい「空っぽな毎日」というのは「空しさ」
が常に付き纏っていることを意味していたみたいです
こうやって 何書くかも考えずに文を打つ事で
ひさしぶりに自分の気持ちを整理する
明日は取材。 おやすみなさい




0 件のコメント:

コメントを投稿